2011年09月30日

日本:イスラエル入植地計画は和平への世界努力に反する

2011年09月29日

BETHLEHEM (Ma'an) -- 日本は、木曜日、イスラエルの新入植者住宅建設が、パレスチナとの交渉再開をむしばむ恐れがあると語った。

日本が「1967年以前の境界内領域の最終的地位を予断するどのような行動も認めない」と日本外務省からの声明は述べ、政府がイスラエルの動きを「深く遺憾に思う」と付け加えた。

(略:掲載済みの内容)

マフムード・アッバス大統領は、イスラエル当局が、将来のパレスチナ国家に計画された土地での建設を続ける限り、イスラエルとの交渉に戻らないだろうと主張する。

日本は、ギロ入植地拡張が「和平交渉を再開するための国際社会による進行中の努力に反する」と述べた。

日本政府は、その声明で「東エルサレムの現状を変更するいかなる一方的行動も控えるよう、そして和平プロセス進展のために、前述の建設計画を実施しないよう、イスラエルへの強い要請を繰り返す」と述べた。

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。