2011年10月04日

OCHA報告:「家屋倒壊が2011年2倍になった」

2011年10月01日(土)
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

被占領地国連人道問題調整事務所 (OCHA) は、パレスチナ家屋のイスラエルによる破壊が、2010年の数に比べ、2011年に2倍になったと報告した。

bulldozer_home_demolish.jpg

OCHAは、2010年の290棟に比べ、イスラエルが今年、パレスチナ家屋と構造物409棟を破壊した一方、去年の374人と比べ、今年、パレスチナ人804人が強制退去させられたと報告した。

報告書はさらに、昨年、入植者らにより遂行された同様の攻撃で、パレスチナ人74人が負傷させられたのに引き換え、今年始めからこの報告までに、イスラエル人入植者らにより遂行された別々の攻撃で、パレスチナ人139人が負傷させられたと指摘した。

また報告書は、昨年遂行された202件の攻撃と比べ、今年始めからこの報告日付までに、武装イスラエル人入植者らが、別々の負傷者と資産破壊に結びつく326件の攻撃を遂行したと明らかにした。

報告は、今年の始め以来、イスラエル軍により負傷させられたパレスチナ人の数が、昨年と同じ時間枠で負傷させられた194人と比べ、417人に達したと付け加えた。

2010年の最初の9か月で、パレスチナ人53人が殺された一方、イスラエル軍は、今年の始めからこの報告日付までに、パレスチナ人85人を撃ち殺した。

原文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。