2011年10月05日

投獄の立法府(国会)議員は追放司法取引を拒絶

2011年10月04日(火)
Saed Bannoura - IMEMC & Agencies

拘留のエルサレムの立法府議員、アフマド・アットゥーンは、彼の解放と交換にエルサレムから追放するイスラエル裁判所の申し出を拒絶した。彼はまた、(エルサレム)市に戻らないと述べる文書への署名も拒絶した。

attoun_ahmad.jpg
アフマド・アットゥーン立法府議員

Safa通信社によれば、アットゥーンの事件での弁護団のひとり、ファディ・アルカワスミ弁護士は、イスラエル検察当局が、裁判手続すべての終了まで、アットゥーンの拘留延長を要求したと述べた。イスラエル検察当局は、エルサレム住民、アットゥーンが「違法にイスラエルに入った」と主張する。

アルカワスミは、弁護と検察の論争公聴後、イスラエル裁判所が、アットゥーン釈放を決定し、50.000シェケル(100万円)の保釈金を命じたと付け加えた。

裁判所はまた、アットゥーンが、イスラエルの許可なしに、あるいは高等裁判所が都市への入域を許すと決定するまで、エルサレムに入らないと述べる宣誓供述書に署名しなければならないと裁決した。彼はエルサレム出身であり、そこにいる法的権利を主張し、この条件を拒絶した。

(略)

全文:International Middle East Media Center

アーカイヴ:アットゥーン議員が誘拐で心不全を被った(10月01日)
     :軍がパレスチナ議員のエルサレムの家屋に乱入(02月18日)

 国際法違反の、イスラエルによるエルサレム併合以前から住んでいるのに、イスラエルに違法に「入った」なんて言われても困るけど、言う方も言う方、含羞がない。わたしにはとても言えない、赤面しちゃって... パレスチナ立法府議員に居住されていては、イスラエル併合の「正当性」が疑われるということだろうけれど、そもそも正当性のないことをイスラエルは一貫して進めてきたのだから。


posted by mizya at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。