2011年10月08日

クリントン:ユネスコはパレスチナ加盟を再考すべき

2011年10月06日

米国国務長官、クリントンが、国連文化機関に、パレスチナ加盟承認が米国の機関への資金提供カットを招くだろうと警告。
The Associated Press, Reuters and Danna Harman

米国国務長官、ヒラリー・クリントンは、水曜日、そうした動きが、合衆国の機関への資金カットを招き得ると言及し、国連文化機関、ユネスコがパレスチナ加盟採決計画を「再考」すべきと語った。

(略:上記で言い尽くされているので)

全文:Haaretz.com

 要求を通すために資金カットを持ち出すなど何とも「見上げた」こころ映え、落ちるところまで落ちたのか、あるいは底なしに落ちていくのか...


posted by mizya at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。