2011年10月09日

ユネスコのパレスチナ加盟は氷山の一角

Josh Rogin
2011年10月07日金曜日

オバマ政権は、たった今、パレスチナが加盟国地位を与えられるなら、他の国連機関の主催国に繰り返し得る先例を設定し、既存の米国法が、合衆国に、国連文化機関、ユネスコ参加を止めさせ得る事実に関する方法を見つけようとかき集めている。

(略:米国法)

パレスチナは今週、ユネスコ執行委員会が、機関への参加努力を承認し、ユネスコ193ヵ国総会による投票に問題を送って、ハードルをクリアした。国務長官、ヒラリー・クリントンは、水曜日、問題を取り上げたことでユネスコを非難した。

(略:クリントンの発言:アーカイヴ参照)

米国はまだ、2011年のユネスコへの勘定、ユネスコ予算の22パーセント、およそ8000万ドルを支払っていない。法律が発効し、米国が2012年に支払わなければ、米国は機関での票を失うだろう。さらにユネスコ職員は、米国資金が次の2年間期待されない場合、1月はじめ、資金不足を占める大量解雇を始めなければならないかもしれないと米国に伝えた。

ユネスコへのパレスチナ加盟はまた、彼らに、世界知的所有権機関 (WIPO) と国連工業開発機関 (UNIDO) の即時加盟を与えるだろう。米国はWIPOへの寄与を止めなければならないかもしれないが、UNIDOのメンバーではない。

(略)

全文:Foreign Policy

アーカイヴ:クリントン:ユネスコはパレスチナ加盟を再考すべき(10月08日)

 まだ支払っていないのに「資金カット」なんて言っていたんだ、ヒラリー・クリントン。大量解雇される場合、米国人職員、ということになるのかしら、米国の「資金カット」の結果だから。


posted by mizya at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。