2011年10月10日

ファタハ官僚:カルテットは入植地を非難すべき

2011年10月08日

ベツレヘム (Ma'an) -- 日曜日の中東カルテットによる今度の声明の成功は、イスラエル入植地建設を非難するかどうかにかかっているだろうと、ファタハ官僚は語った。

ヨーロッパのファタハ報道官、ジャマル・ナッザルは、「交渉の目標が、占領の終結であり、入植地が占領を深めると、カルテットは理解すべきである」と、土曜日に語った。

官僚は、カルテットが、日曜日にブリュッセルでの会議後、交渉に関する声明を発表すると予測されると語った。

違法入植地建設停止のパレスチナの要求は「前提条件」でないと、彼は語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。