2011年10月12日

シャース:パレスチナが安全保障理事会の9票確保

2011年10月11日

ベツレヘム (Ma'an) -- ファタハ中央委員会メンバー、ナビル・シャースは、月曜日、安全保障理事会の9か国が、パレスチナの国連加盟努力支持を約束したと語った。

シャースはMa'anに、「わたしたちへの投票を確認し、その姿勢をわたしたちが疑わない9ヵ国は次の通り:ガボン、ボスニア、ブラジル、インド、レバノン、ナイジェリア、南アフリカ、中国、ロシア」と告げた。

安全保障理事会6ヵ国 -- ブラジル、中国、インド、レバノン、ロシア、南アフリカ -- が、パレスチナ努力のための支援を公的に示した。

(略)

9月23日、アッバスが国連事務局長、バン・キムンに正式に提出した国連加盟要請は、数週間のうちの投票が予測される、安全保障理事会15ヵ国により調べられている。

安全保障理事会は、加盟申請のため、35日の調査期間を持つ。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 1947年、「パレスチナ分割決議」が国連で裁決されるとき、「誰かの土地を奪って別のひとに手渡すなどということが正義であろう筈もない」と、反対のための熱弁を振るったフィリピン代表は、投票直前、本国から「賛成票」を投じるよう指示を受けた。米国の恫喝の結果だった。だからまだまだ気を許してはいけない。


posted by mizya at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。