2011年10月17日

アル-ザハル:前-拘束者たちが西岸とエジプトに到達したならシャーリトを釈放するだろう

2011年10月15日(土)
Majd Qumsieh - IMEMC & Agencies

ハマースの指導的人物、マフムード・アル-ザハル博士は、前-拘束者たちが、西岸とエジプト領域に入った瞬間、ハマースは、即座にギラード・シャーリトを釈放するだろうと述べたと、Ma'an通信社が報じた

アル-ザハルは、火曜日に実施されると思われる第1段階の交換実施手順を説明した。彼は、「解放された拘束者たちは、2つの場所に集められるだろう;第1は西岸に近づき、第2はエジプトに近づくだろうと、報告した。そして彼らは赤十字社に渡されるだろう。最終的に、拘束者たちが、エジプト領域および西岸に入った時、イスラエル兵、シャーリトは釈放されるだろう」。

第2段階に関して、彼は、Middle East通信社との談話で「ハマースは、550人を含み、2か月間で実施されるだろう取引での、解放される拘束者の氏名決定に加わらないだろう」と述べた。彼は、「イスラエルが、解放されるそれらの氏名を選ぶものである」と述べた。しかしながら彼は、取り引きが、高齢者、慢性的持病のあるものに加えて、長期間投獄されてきた、あるいは解放まで僅かを残す拘束者たちを含むべきと求めた。

(略)

全文:International Middle East Media Center


posted by mizya at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。