2011年10月17日

EUがイスラエルによるモスク破壊に「遺憾」

2011年10月14日金曜

ベツレヘム (Ma'an) -- EU代表団は、木曜日、イスラエルによる西岸北部、ヒルベト・ヤルザ村でのモスク破壊を「遺憾」と語ったと、声明は述べた。

火曜日、アル-マルハ村議会議長、Aref Daraghmaは、イスラエルブルドーザと民事行政職員らが、60平米未満のモスクとベドゥインの構造物いくつかを破壊したと、Ma'anに伝えた。

これは、モスクが破壊された、7ヵ月で3回目と、Daraghmaは語った。

EU使節団は、2000年以来、イスラエルが、イスラエルの完全支配下にある西岸の62パーセント、エリアCで、家屋4,800棟以上を破壊してきたと語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。