2011年10月17日

カルキリヤの農夫たちは土地を耕作しようともがき分離壁を通り抜ける

2011年10月15日土曜日
Mikaela Levin
the Alternative Information Center (AIC)

ライラ・タヘル・カドゥーミは、内気で優しい微笑みで、彼女の57年と疲労を隠す。過去2年間、彼女は、カルキリヤ市郊外、分離壁の反対側に位置する家の温室ふたつと農地4ドゥナムで、すべてひとりで働いてきた。

qalqiliya.jpg

収穫期、彼女は、温室からトマトとキュウリを100箱以上集めるのに10時間ばかり過ごす。彼女には、その土地に依存する若い息子4人と2家族がいるが、彼女は、毎朝午前6時にゲートを越え、その土地で働き続けるイスラエルの許可を受け取った唯一のひとだ。彼女の夫もまた、越えて働く許可を得る特権を持つが、イスラエル当局が知るように、過去7年間、弱って病気で歩けない。

今年、少なくともオリーヴ収穫期、状況はライラにとって少しよいように見える。彼女の18歳の息子が、母親を手伝う最初の許可を受け取り、イスラエル兵らが、彼女の土地に続くゲート開閉の彼ら自身の行程表をより尊重するようになったように見える。「以前、彼らは、毎日時間を変更しました。時々彼らは、6時か7時、時々は7時半、万一の場合に備えそこで待たなければなりませんでした。彼らは、午前に1回だけ、30分だけゲートを開きます」と、通電フェンス、有刺鉄線とイスラエル軍用ジープからわずか数メートルのオリーヴ畑の真中で、大きなスプーンでお茶をかき混ぜながら、6人の(子の)母親は説明した。

(略:長い)

全文:The Alternative Information Center


posted by mizya at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。