2011年10月18日

世論調査:「ウォール街を占拠せよ」はオバマやティーパーティよりはるかにポピュラー

Stephen C. Webster
2011年10月13日木曜日

バラク・オバマ大統領の職務遂行、ティーパーティの影響力、「ウォール街を占拠せよ」についての見解に関する、参加者の意見を尋ねた、木曜日、Timeにより発表の世論調査は、全国紙がまだ全くつなぎ合わせていなかった驚くべき新事実を含む:「ウォール街占拠」抗議者たちは、オバマ大統領より高い支持率を持っている。

世論調査の数は、オバマ大統領が、50パーセントの支持しない、6パーセントのどちらともいえないで、僅か44パーセントの支持を持つと示す。それは、「ウォール街占拠」に関するその見解に、「非常に賛成」(25パーセント)あるいは「ある程度賛成」(29パーセント)と述べる54パーセントと対照をなす。

基本的に共和党のポピュリスト運動の試みとなったティーパーティを比較すると、「非常に賛成」が8パーセントのみ、「ある程度賛成」が19パーセントで、27パーセントの支持率に過ぎない。

(略)

全文:The Raw Story


posted by mizya at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。