2011年10月18日

権利集団:囚人追放は「戦争犯罪」

2011年10月17日

150709_345x230.jpg
囚人、ユーセフ・アブアディの父親、ディーブがラマッラ近くのカフル・ニマの自宅で息子の写真を持つ 2011年10月16日 (Reuters/Mohamad Torokman)

ラマッラ (Ma'an) -- イスラエルによる囚人たちのガザ回廊と外国への追放は重大な戦争犯罪と、権利集団は、月曜日に語った。

イスラエルとハマースは、ガザで拘束された兵士と交換で、イスラエル刑務所の拘束者1,027人を解放する取り引きの一部として、囚人200人以上の追放を合意した。

火曜日に行われると予測される交換の第1段階で、囚人166人ばかりがガザに、40人が第三国に追放されるだろう。

月曜日の共同声明で、囚人の権利集団、Addameerと、法的権利組織、Al-Haqは、取り引きが、1,028家族の祝賀を引き出す一方、交換の様相は「基本的に国際法に歯向かう」と強調した。

違法の追放あるいは移送が、第4ジュネーヴ条約を侵害し「最も重大な戦争犯罪のひとつと看做される」と、集団は語った。

例え囚人が追放に同意しても、例えハマースが取り引きを交渉したとしても、第4ジュネーヴ条約の保護は不可侵であると声明は述べ、パレスチナ・イスラエル党派間の「際立つ力の不均衡」を指摘した。

Addameer所長、サハル・フランシスは、イスラエルが、西岸からガザを密閉して封印してきており、封鎖された沿岸飛び地への追放を、「多くの場合で、別の実刑判決と見なし得る」と言及した。

女性拘束者すべてが解放されるとのイスラエルの合意にも拘らず、少なくとも、女囚8人が取り引きから取り除かれたと、集団は付け加えた。

Al-Haq所長、シャワン・ジャバリンは、「(囚人)解放の前途は、ちょうど囚人1,027人の運命が、その捕獲が、ガザ回廊でイスラエルの封鎖下で暮らす無数のパレスチナ人の権利にさらに逆に影響を及ぼした、イスラエル兵ひとりの釈放に賭けられたように、イスラエルの政治的利益により規定され続ける」と語った。

集団は、「占領に反対するいかなる形態をも有罪とする、イスラエル軍令に基づいて逮捕された;国際的正当手順基準に従わない、イスラエル軍事裁判所により試みられた、あるいは起訴も裁判もないまま行政拘留で保持された;そして、厳しい違法な監禁状態に拘留された」政治犯の苦境への「公平で永続する解決」を要求した。

原文:Ma'an News Agency

 1,027人なのか、1,028人なのかなどと訊かないで、原文通りということで。どの数字が正しいのかなんて調べ始めると翻訳の時間がなくなるので...


posted by mizya at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。