2011年10月18日

イスラエルが違法入植地計画のためパレスチナの土地950エーカー略奪

2011年10月17日月曜日

パレスチ専門家は、最近発表された西岸南部の違法入植地計画を実施するため、イスラエル政府がエルサレム南部とベツレヘムの土地ほぼ1000エーカーを略奪するつもりと、警告してきた。オリエント・ハウス学会の地図製作者でイスラエル入植地の専門家、ハリール・アットゥフカジは、日曜日、「エルサレム南部にユダヤ人地区を建設する、 [イスラエル] 占領(当局)により発表された入植地計画は、『不在者財産および国有地』として指定された土地と、正教会に属する他の土地を含み、その領域のパレスチナの土地、950エーカーを奪うだろう」と語った。

イスラエル計画は、「ジャバル・アブグネイム入植地を、ベツレヘム統治のワラジャ町の領域で持続されるだろう入植地に達する、Jafat Hamtos、Gilo両入植地に繋げるだろう」と、彼は語った。アットゥフカジ氏は、イスラエルが「ベツレヘム、ベイトサフール・べイトジャッラの都市を、ベイトサファーファ、アッシュアファト、アイン・テューバ、スル・バヘルといったエルサレムの町村から分断するこの土地に、住宅5000戸を建設するだろう」と説明した。彼は、住宅1,700戸が、ベイトサファーファのパレスチナ人に割り当てられるだろうとのイスラエル政府の主張を、「虚偽で欺く」と呼び、嘲笑した。

原文:Middle East Monitor


posted by mizya at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。