2011年10月19日

囚人交換、対称とガザのイスラエルによる包囲

2011年10月17日月曜日
Michael Warschawski
Alternative Information Center (AIC)

解放されるだろうパレスチナ政治犯、女たちと男たちはすべて、イスラエル植民地占領に対する闘いで、その政治的・道徳的義務を果たした自由の戦士たちだ。他方ギラード・シャーリトは、兵士、日常的に国際法を犯し、常に戦争犯罪を犯すイスラエル植民地占領軍の兵士だった。

2日で、わたしたちは、パレスチナ政治犯1037人とイスラエル兵、ギラード・シャーリトの帰宅を祝うことができる。間もなく愛する者に会うだろう、パレスチナの何千家族のため、わたしは幸福だし、シャーリト一家のためにもまた、わたしは幸福だ。しかしながら、解放に関する幸福を越えて、対称は存在しない:解放されるだろうパレスチナ政治犯、女たちと男たちすべては、イスラエル植民地占領に対する闘いで、政治的・道徳的義務を果たした自由の戦士たちだ。他方ギラード・シャーリトは、兵士、日常的に国際法を犯し、常に戦争犯罪を犯すイスラエル植民地占領軍の兵士だった。彼の前で、イスラエル人何百人もによりなされたように、シャーリトは、彼はしなかったが、この戦争への参加を拒絶すべきだった。

イスラエルで、ギラード・シャーリトの「誘拐犯」と呼ばれたものたちは、実際、捕虜を取り、わたしたちの処理の証言すべてによれば、彼はそのように扱われた。パレスチナ政治犯は他方、シャーリトが受けたと同様の扱いを受ける夢をみてみることさえない。

(略)

問題のひとつは未決のままだ:イスラエルのガザ包囲は終るのか? これは、ハマースとの合意の一部と言われているが、ネタニアフは合意を破ることに困難を感じない;既に今、イスラエルの約束にも拘らず、女囚のすべてが解放されるとは限らないと明らかになっている。さらに、ガザ包囲の言い訳が、ギラード・シャーリト捕囚だった。イスラエルは今、新しい言い訳に何を考え出すだろう?

全文:The Alternative Information Center


posted by mizya at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。