2011年10月20日

国連がパレスチナ人拘束者の運命に懸念

2011年10月18日火曜

ジュネーヴ (Reuters) -- 国連は、火曜日、イスラエル兵、ギラード・シャーリトと交換で解放されたパレスチナ人拘束者の何人かが、違法な強制移送を構成する、行く場所のいかなる選択も与えられなかったことに、懸念を表明した。

国連人権高等弁務官、Navi Pillay事務所は、解放を歓迎したが、西岸のパレスチナ囚の何人かが、ハマース支配のガザ回廊か外国に解放されるとの報道に言及した。

国際人道法の下、戦争拘束者を強制的に移送したり、彼らの意志に反して他の国に追放することは違法である。

イスラエル兵、シャーリトは、捕虜の5年後、火曜日、全国的喜びの発露の中、帰宅し、彼と交換のパレスチナ囚、何百人かが、ガザ回廊で、ハマース指導者たちからキスで迎えられた。

「囚人交換合意のニュースを受け取ったことは、大きな安堵の感覚だった。わたしたちはしかしながら、西岸のパレスチナ囚、何百人もが、ガザ回廊か外国に解放されるとの報道に関し、懸念を持っている」と、Pillayの報道官、Rupert Colvilleは、質問に応じReutersに語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。