2011年10月20日

ハマース官僚が交換取り引きは「イスラエルによるガザ包囲解除と前-囚人を追求しないことを含む」と主張

2011年10月19日水曜日

イスラーム抵抗運動(ハマース)の政治局副局長は、イスラエルと合意した捕虜交換取り引きが「ガザ包囲解除と前-囚人を追求せず起訴しないことを含む」と語った。ムーサ・アブマルズークは、地元報道機関「Palestine」にコメントした。

「これは、ドイツ仲裁者との議論で明らかにされた」とアブマルズーク氏は語った。「わたしたちが封鎖解除に関して話したとき、それは、ギラード・シャーリト解放の文脈の中で強調された」。彼はまた、被占領西岸に解放の前-囚人たちの何人かが、まだ、定期的に地方警察署で署名しなければならないといった、彼らに課される安全条件下にあると指摘した。イスラエルとの合意の一部は、そのような前-拘束者たちが、過去にやったかもしれないいかなることでも、再び、再逮捕や起訴されないだろうということだ。

(略)

全文:Middle East Monitor

関連記事:「イスラエルが西岸の解放された囚人を取り戻すと脅す」The Palestinian Information Center

2011年10月19日

ラマッラ、(PIC) -- イスラエル占領当局 (IOA) は、解放されたパレスチナ囚たちに厳しい安全措置を課しており、彼らがその命令に従わなかったとの事件で、新たに逮捕すると脅した。

ヘブライ語日刊紙、Yediot Ahronotは、水曜日、イスラエル治安当局筋が、西岸の解放された囚人の殆ど半分は、彼らの解放前、誓約に署名したと語ったと伝えた。

これら誓約は、彼らの何人かに、故郷に何年も留まることを強要し、一方他の者たちは、少なくとも月に一度、軍調整・連絡管理職に出頭することを強いられたと、情報筋は付け加えた。

彼らは、解放の囚人たちが応じなければ、彼らは逮捕され、終身刑だったとしても、完全な服役に戻されるだろうと語った。

一方、Tadamun人権財団は、IOAが、解放された囚人の妻が、カタールに追放された中の夫に会うため、ヨルダンに発つのを妨げたと語った。

ナブルスの東、ベイトダジャン村のアブドゥル・ハキム・ハニーニの妻が、彼女の夫の両親と彼女の子ども3人が認められた一方、ヨルダンに渡ることを許されなかったと、人権財団は語った。


posted by mizya at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。