2011年10月21日

解放された囚人が刑務所で過ごした数十年を思い返す

2011年10月20日

151047_345x230.jpg
解放された囚人、イスラエル刑務所で、イスラエル兵、ギラード・シャーリトとの取引で解放された他のパレスチナ人の誰より長い33年服役した、ナエル・バルグーティ、53歳が、ラマッラに近いコバル村で、やはり解放されたファクリ・バルグーティア(中央)と子どもに挨拶する、10月19日。(Reuters//Mohamad Torokman)

ラマッラ (Reuters) -- イスラエル刑務所で33年以上を過ごし、火曜日に解放されたナエル・バルグーティは、解放される希望を捨てなかったと語った。

「拘束された最初の日から、わたしは常に、ある日、誰かがわたしを解放するために働くだろうと、解放されると期待した。政治は、わたしたちの解放に失敗したが、他の政策が、わたしたちの解放を実現した」と、バルグーティは、水曜日、Reuters Televisionに語った。

他のパレスチナ人誰より長く服役した、バルグーティは、イスラエルとの捕虜交換で解放され、ラマッラに近いコバル村の彼の家族と再会した。

(略)

自由の最初の夜を思案して、バルグーティは、刑務所での長い年月、彼に与えられなかった単純な喜び、彼が夜空にのみ込まれたと語った。

「わたしは、鉄条網越しでなく、空を見ることができた。わたしは月と星を見た。そのようなものを見たいと望むのが、人間の願望だ。わたしが何年も失った喜びだ」と、バルグーティは語った。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 解放された政治犯の、このような多くの物語が届いているが、それは多分、翻訳しないだろう。ナエル・バルグーティ、投獄中、2004年に父親が、2005年に母親が死んだ、彼のこの物語で、代表させるということで... 他の記事も多いので。


posted by mizya at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。