2011年10月22日

イスラエルがヘブロン地区のスペイン資金提供のソーラー発電所破壊準備

2011年10月20日木曜日
Mikaela Levin
The Alternative Information Center (AIC)

イスラエルが、ヘブロン地区、ムネイゼル町の地域ソーラー発電所の破壊を計画している。発電所は、イスラエル入植地に囲まれるこの町に電力を供給する唯一のもので、300,000ユーロほどがスペイン政府により資金提供された。イスラエルがその破壊命令を実施した場合、スペイン政府は賠償を要求するだろうか?

ヘブロンの南、70キロメートルほどの小さなパレスチナの町、ムネイゼルは、この2年半、談話、学習、夜の食事、TV映画や漫画、冷蔵庫で食糧を保存する奇跡を享受し、そして、多数の雇用可能性は、電力により開かれた。彼らは以前、このすべてを享受することができたが、オスロ合意に従って、イスラエルによる完全支配のエリアCに住むことになり、イスラエル当局は、この本質的事業を彼らに許さなかった。今、イスラエル当局は、この小さく貧しい、入植地に囲まれた、忘れられた町に、またしてもこの基本的権利を取り上げるため戻ってきた。10月11日、いわゆる軍事占領民事行政のイスラエル当局者らは、地域ソーラー発電所、バッテリーを格納する小さな建物、および近隣地元住民家屋3棟の破壊命令を発行した。

「彼らが、発電所とバッテリー建物を破壊するなら、町は電力接続のすべてを失う。これは家庭用電源を意味するばかりでなく、去年開始された、診療所、学校、小さな事業のいくつかの閉鎖を意味する」と、プロジェクトに従事するスペイン活動家、イグナシオはAICに説明した。全ソーラー発電所は、パレスチナ人個人の土地に建設され、また、バッテリーと各家庭への設置を含む建設費、300,000ユーロ近くは、スペイン政府により資金提供された。

(略)

全文:The Alternative Information Center


posted by mizya at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。