2011年10月22日

ギラード・シャーリトに起こらなかったこと

2011年10月20日

おおプリーズ。CNNは、新たに解放された囚人の日常生活に順応する困難に関して、1967年以来、イスラエルによって拘束されたパレスチナ人75万人の誰かについて、かつてこのような記事を掲載したことがあったろうか? 

青白く、痩せて情緒的に見える、ギラード・シャーリトは、囚われて5年以上後、火曜日、家族と再開した。今、彼は、自由の生活に順応するありそうな当惑の数日、数週間、数ヵ月に直面する。

彼が経たことを、まだ誰も正確に知らない一方、他の捕虜の経験が、彼のありそうな精神状態の洞察を与える -- そして、彼は自由を得たが、他の挑戦が前方に横たわると示唆する...

ここに展望をいくつか。「彼が経たことを、まだ誰も正確に知らない」ことは、真実かもしれないが、イスラエル医師団による素早いおおまか調べで、彼が自由に歩くことができる単なる事実は、彼が経なかったことのいくつかのかなりいい考えをわたしたちに与える。

例えば、わたしたちは、彼が捕獲者により縛り上げられなかったこと、こう丸を摘出しなければならないことになるほど、ひどく邪険に打たれなかったことを知る。ベナン・オーデは、第一次インティファーダで、投石で彼を非難したイスラエル兵士らの手で、それが彼に降りかかったとき、15歳だった:。

(略:イスラエルによる拘束で、立ち直れない障害を負ったり死亡したパレスチナ人拘束者たちへの拷問の記事の数々)

それで、ギラード・シャーリトの「挑戦が前方に横たわる」ものが何であれ、その誰も、かつてCNNから同情的回顧を得ることのなかった、ベナン・オーデ、アブダッサマド・ハリザト、ルワイー・アスカルのようなパレスチナ人何千人もが直面したそれらと同様の巨大な挑戦では全くないと、わたしたちは確信することができる。彼が囚われの身に耐え忍んだものが何であれ、ギラード・シャーリトは少なくとも、ハマースの手の中でイスラエル兵士として耐え忍んだのであり、イスラエルでのパレスチナ囚人としてではなかったのだから。

全文:Lawrence of Cyberia


posted by mizya at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。