2011年10月24日

国連人権専門家:パレスチナの子どもたちがイスラエルによる逮捕・暴力を被る

2011年10月20日

パレスチナ領域国連人権調整官、リチャード・フォークは、イスラエル占領下に生きるパレスチナの子どもたちの保護で、国際ガイドラインを適用するようイスラエルに要求する。
DPA

国連人権専門家は、木曜日、イスラエル当局の手で、暴力と逮捕を被ると彼が主張する、西岸に住むパレスチナの子どもたちを保護する努力を増強するよう、国際社会に要求した。

国連総会への声明で、元ニューヨーク大学教授、リチャード・フォークは、西岸のパレスチナの子どもたちが、逮捕されたり暴力にさらされる固有の事件を引用した。

パレスチナ領域国連人権調整官は、イスラエル占領下で生きるパレスチナの子どもたちの保護で、国際ガイドラインを適用するよう、イスラエルに要求した。

「長引く占領は、健康、教育、総体的安全に影響する浸透する剥奪を通し、子どもたちの成長を歪める」と、フォークは、彼の声明で述べた。

彼は、イスラエル当局により、逮捕、起訴されたパレスチナの子ども数が、2007年以来上昇したと語った;しかしながら、彼は、この主張を支える数を与えなかった。彼は、入植者らに投石したとされ逮捕されたそれら子どもたちの何人かが、尋問と虐待を被ったと語った。

フォークは、2010年の176件の事件と比較し、2011年にはこれまでに、パレスチナ人178人が、イスラエル人入植者らからの暴力の結果、負傷を被ったと語った。暴力は、入植者らの投石、襲撃、発砲を含む。

「パレスチナの農地や村々に対する入植者暴力行為は、殆ど毎日報告されている」と、彼は語った。フォークは、イスラエル人権組織、B'Tselemで仕事する個人により、事件のいくつかは録画されていると付け加えた。

原文:Haaretz.com


posted by mizya at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。