2011年10月25日

ハマース指導者:イスラエルが国民への宣伝で解放の囚人たちを殺すと脅迫する

2011年10月23日日曜

ガザ市 (Ma'an) -- イスラエル政府による、ハマースとの交換取り引きで解放された囚人を暗殺するとの脅迫は、その大衆を満足させる試みであると、ハマース指導者、マフムード・ザハルは、日曜日、記者団に語った。

ハマース高官は、イスラエル兵、ギラード・シャーリトとの交換で解放された囚人たちを標的として殺害するその戦術を拡大するイスラエルの意図を控えめに扱った。

イスラエルが、シャーリトのため、イスラエル刑務所に拘束されていたパレスチナ人1,000人以上を解放する合意で「彼らが支払った重い代価の影を薄くする試みでこれら脅迫をしている」。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「バフルが元-囚人に対するイスラエルの意図的暴力を警告」The Palestinian Information Center

2011年10月24日

ガザ、(PIC) -- パレスチナ立法府、第一副議長、アフメド・バフルは、イスラエル政府とその入植者らに、ハマース運動との交換取り引きで解放された元-パレスチナ拘束者たちに対して敵対行為が遂行されるなら、彼らは大きな犠牲を払うだろうと警告した。

日曜日のプレス・リリースで、バフルは、ユダヤ人集団と協会が、最近の交換取り引きの部分で解放された元-囚人の誰かを殺害する誰にであれ、金銭的報酬を言明したと言及し、彼らに対するいかなる種類の暴力も処分を免れないと警告した。

彼はまた、クネセトメンバーの何人かが彼らに対して煽動していると指摘し、これら脅迫に続き、西岸とエルサレムの被占領地において、より注意するよう解放の囚人たちに要請した。

(略)


posted by mizya at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。