2011年10月26日

ヘブロンの教師たちが学校から遠ざける措置に抗議

2011年10月23日日曜日
+972blog

イスラエル国防軍は、ヘブロンの学校教師たちを、彼らの健康を危険にさらす、検問所の金属探知器を通らせると突然決定した。入植者らや軍のハラスメントに慣れた学校の子どもたちは、56検問所での彼らの抗議に加わってきた。

Ben Lorber

ほぼ2週間、ヘブロンのクルトゥバ校の幼い生徒と女教師の集団は、検問所での増殖する警備措置に抗議して、毎朝、56検問所の外で授業してきた。

過去7年間、クルトゥバ校教師たちは、検問所の通常の金属探知器を回避し、学校に到達するのに、攻撃的イスラエル入植地、Tel RumeidaとAdmot Yishaiの間の危険な区域にある別の門を通ることを許されてきた。10月11日火曜日、明白な理由なしに、軍は、この手順を保留し、教師たちが金属探知器を通り抜けなければならず、毎日検査のためバッグを提出しなければならないと発表した。同時に軍は、以前にやはり金属探知器を回避した、妊婦、心臓装置や他の併発症をもつ人びとも、もはやそうできないだろうと、今や、日常ベースで、肉体的健康を危険に晒さなければならないと、発表した。

その同じ火曜日、教師たちは、検問所で検査に従うことを拒絶し、その代り、パレスチナ側で即興的に沈黙のデモンストレーションを行った。午前9時、彼らの生徒たち、今教育を奪われた6歳から13歳までの少年と少女たちが、掲示を掲げスローガンを繰り返して、検問所に行進した。イスラエル兵士らは、彼らを石壁に放り投げ、蹴ったり、ライフル銃の台じりで殴り、強制的に引きずって検問所を通し、そして入植者ひとりは、彼女が運転していた車で、彼らを道路に押し出そうと試みた;子ども9人が負傷して病院に搬送された。

Ben-Lorber-hebron-education-demo1.jpg
ヘブロンの生徒と教師たちの抗議、2011年10月 (Photo: Ben Lorber)

Ben-Lorber-hebron-education-demo2.jpg
ヘブロンの生徒と教師たちの抗議、2011年10月 (Photo: Ben Lorber)

(略:興味深いけれど長い)

全文:+972

アーカイヴ:クルトゥバ校の教師たちは抗議を継続(10月18日)

 避けようもなく放射線を浴び続けるニッポンの状況に照らして、エックス線を毎日浴びる、イスラエルの検問所のありようは問題がありすぎる。ニッポン政府の真似をして「緩慢な死」、いや、毎日エックス線を浴びていたら「緩慢」ではないかもしれない死を量産しようとしているのかもしれない。


posted by mizya at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。