2011年10月28日

アゼルバイジャンが国連安保理の椅子獲得

2011年10月26日

151969_345x230.jpg
国連安全保障理事会諸国会議、ニューヨーク国連本部、9月26日。 (Reuters/Shannon Stapleton)

ベツレヘム (Ma'an) -- 国連総会は、月曜日、最強国連団体の非常任理事国新メンバー5カ国として、パキスタン、モロッコ、グアテマラ、トーゴに加わえ、2年任期の安全保障理事会メンバーに、アゼルバイジャンを選任した。

アゼルバイジャンとスロベニアは、15ヵ国理事会の東欧の椅子をかけ、金曜日以来、10回以上の投票で組み合ってきた。

国連総会の193ヵ国が、新理事国5ヵ国を選ぶため、無記名投票にして、アゼルバイジャンは、月曜日、17回目の投票で155票を勝ち取った。

(略)

アナリストは、理事会の新構成は、ことさら、ブラジルとナイジェリアに代わるグアテマラとトーゴが、国連完全加盟のパレスチナ宣言に関する米国圧力に、より屈する可能性があると語る。

アゼルバイジャンは、イスラーム国にも拘らず、理事会前任国、ボスニア・ヘルツェゴヴィナより、米国圧力により脆いと考えられている。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 パレスチナは、安保理メンバー諸国の支持を計算して、この時期の国連加盟申請になったのだけれど、米国は、「ゆっくりやろうぜ」なんて言って、非常任理事国が米国に好都合に変わるのを待っていた。


posted by mizya at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。