2011年10月28日

スコット・オルセン、海兵隊員がオークランド警察に負傷させられ「危篤」

Stephen C. Webster
2011年10月27日木曜日

最新版(下):スコット・オルセンは「まずまずの状態」になった。(下の記事の翻訳省略:殆どこれだけなので)

木曜日午前早くに発表されたヴィデオで、火曜夜、オークランドで頭蓋骨骨折を被り、現在「危篤状態」の元-海兵隊員、スコット・オルセン、24歳が、警察官らが群衆を分散するため化学薬品を配備するほんの一瞬前、警察障壁の前、制服の水兵の隣りに平和的にたたずむのが見える。

ヴィデオが、オルセンが撃たれたところを示していない一方、彼が、至近距離から催涙ガスキャニスターで頭を撃たれたことを示唆する。オルセンは、「不法集会」と言い放ち、分散させる意図を繰り返しアナウンスした警察官らを刺激しているようには見えなかった。他のものは、散弾銃から発砲された散弾で撃たれたと推測した。

(略)

下のヴィデオはVimeoユーザ、Raleigh Lathamによる。オルセンは1:33に見ることができる。

Police use Tear Gas and Rubber Bullets at Occupy Oakland from Raleigh Latham on Vimeo.


オークランド占拠に警察が催涙ガスとゴム弾使用、Raleigh Latham on Vimeo

下のヴィデオはVimeoユーザ、Raleigh Lathamによる。それは、オルセンへの攻撃と、抗議者仲間が彼を救助しようとした時、警察がどのように応じたかの、いくつかの見方を示す。

Footage of Scott Olsen being shot by Police at Occupy Oakland from Raleigh Latham on Vimeo.


オークランド占拠で警察にスコット・オルセンが撃たれる映像、Raleigh Latham on Vimeo

全文:The Raw Story


posted by mizya at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。