2011年10月29日

イスラエルは5か月後パレスチナの子どもを解放

2011年10月25日火曜

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル当局は、火曜日、イスラエル刑務所、オフェルに5か月投獄した後、ヘブロンの北、サイール村のオマル・ジャラダト、11歳を解放した。彼はまた、罰金、5,000シェケル(10万円ほど)を支払った。

イスラエル軍は、彼を歓迎しようと検問所近くで待つのを人びとに禁止し、検問所近くの車にあったパレスチナ旗を取り外そうとした。

解放された囚人(11歳! - miaya)は、刑務所内の過酷な状況を話した。彼は、冬が近づく中、囚人の衣類は殆どなく、家族がそれらを差し入れるのを当局が妨げたと語った。

原文:Ma'an News Agency

 ガッサーン・カナファーニの小説、『悲しいオレンジの実る土地』だったろうか、少年の一人称の語り、トラックに積み込まれ「難民」となった少年は最後に「こうして、ぼくたちの子ども時代は終わった」(手元に本がないので記憶による)と、語る。
 わたしが11歳だったころ、無医村の診療所に勤めた父は、教育的配慮だったと思うが、わたしを都市に残した。春・夏・冬の休暇しか両親と過ごせなかった。3ヵ月半ばかりの一学期と二学期、2ヵ月ほどの三学期が、11歳のわたしには永遠に思えた。11歳のオマルにとって、5ヵ月がどれほど長いものだったか想像がつく。5年にも匹敵する5ヵ月を刑務所で過ごしたのだから、オマルはもういっぱしのおとななのだ。占領が子ども時代を奪う。


posted by mizya at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。