2011年10月31日

オークランドのパレスチナ - スコット・オルセンとトリスタン・アンダーソン

ALEX KANE
2011年10月28日

ScottOlsen.jpg
警察の発射体で頭を撃たれたイラク戦争復員兵、スコット・オルセンを運ぶオークランドの抗議者たち (PHOTO: JAY FINNEBURGH/INDYBAY.ORG)

オークランド占拠抗議者たちは、2日前の夜、催涙弾、ゴム弾、閃光-音響手榴弾が、抗議者陣地のあちこちで炸裂する弾圧完備で、パレスチナ人が毎週経験する匂いをかいだ(アダム・ハロウィッツ記事参照)。頭蓋骨折で入院中の、イラク戦争復員兵で活動家のスコット・オルセンは、米国とパレスチナでの抗議弾圧で、明確な類似性を示すことに加わる。

(略)

オルセンは、報道によれば催涙弾キャニスターに頭部を撃たれ、頭蓋骨折の負傷を負った。オルセンは、昏睡状態だったが、昨夜、Reutersは「オルセンは自身で呼吸し、翌日かそのあたり手術を受ける」と報じた。

オルセンの顔に流れる血液のシーンは、2009年に、トリスタン・アンダーソンに起こったことを不気味に思い起こさせた。オークランドのアメリカ人活動家、アンダーソンも、彼の事件もまた、西岸、ニリン村での抗議行動で、イスラエル軍により発射された、やはり催涙ガス弾キャニスターで頭を撃たれた。アンダーソンは、イスラエルの病院で1年以上を過ごし、偽りのイスラエル国防軍調査は、兵士らの責任を免除し、発砲は「戦闘行為」と宣言した。

(略)

オルセンとアンダーソンの負傷(オルセンが回復するらしく見えるの喜ばしい)の類似と、オークランドの抗議者たちに使用された武力が、米国で警察がいかに軍隊化されたかを明らかにする、Charles PierceがEsquire (h/t Liliana Segura's Twitter) で指摘したように:

(略:引用が長いので原文で)

全文:Mondoweiss

アーカイヴ:スコット・オルセン、海兵隊員がオークランド警察に負傷させられ「危篤」(10月28日)

     :ヴィデオ:トリスタン・アンダーソンが撃たれた時から搬送まで(2009年03月17日)

 アーカイヴ記事、トリスタン・アンダーソンが負傷したヴィデオは原文にアクセスできなかった。古い記事では珍しくないけれど。本文記事中、「催涙ガス弾キャニスターで頭を撃たれた」をクリックするとDemocracy NOW!のヴィデオで見ることができる。


posted by mizya at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。