2011年11月05日

アル-マルキ:パレスチナは他の国連機関に申請しないだろう

2011年11月03日木曜日

ベツレヘム (Ma'an) -- PLOは、他のいかなる国際組織への加盟も申請しないが、国連への完全加盟に焦点を当てるだろうと、パレスチナ自治政府外務大臣は、木曜日、語った。

パレスチナのユネスコ加盟を承認するため、107ヵ国が、月曜日に投票し、リヤド・アル-マルキは、国連文化機関加盟が、歴史的不公正に立ち向かう手段だったと、ラマッラで記者団に告げた。

(略:イスラエル・米国の資金カット)

アル-マルキは、パレスチナが他の機関に加わる努力はせず、外交努力を、安全保障理事会で考慮中の国連加盟に集中すると、語った。

パレスチナは、国連に加わるため、安保理メンバー15ヵ国の9票を必要とするが、米国は、努力に対し、その拒否権行使を誓ってきた。

努力が失敗しても、国連がパレスチナを受け入れるまで、PLOは加盟を申請し続けると、アル-マルキは語った。

(略)

一方、国連事務局長、バン・キムンは、木曜日、他の国連機関に加わるパレスチナの努力は「パレスチナにも有益でなく、誰にも有益でない」と語った。

Associated Pressとのインタヴュで、バンは、他の機関に加わるパレスチナの申請は、何百万もの人々に影響する資金カットに帰着し得ると語った。

全文:Ma'an News Agency

 バン・キムンは、しばしば、権限を外れて、あるいは国連事務局長の権威を利用して、発言する。原発事故後の訪日でも、原発廃止を求める声に批判を表明していた。それは君の権限を逸脱している。パレスチナの国連機関加盟申請が問題なのでなく、パレスチナの加盟申請を妨害するために資金カットを持ち出すことこそ問題にされなければならない。


posted by mizya at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。