2011年11月07日

国連報告書:イスラエルはガザへの違法封鎖を終結しなければならない

2011年11月01日

ガザ、(PIC) -- 国連報告書は、窮乏に貶められたガザ回廊へのイスラエルによる封鎖が違法であり、即時終結を要求すると断言した。

これは、被占領地でのパレスチナ人に対するイスラエルの暴力に関する調査・報告を委任された特別委員会による、その第66回会議で国連総会に提出された第43報告書に現れた。

報告書は、イスラエルによりガザに課された封鎖の長さと、教育、健康、住宅、雇用、人的発展への影響に言及した。

それ(報告書)は、ガザに対するイスラエルの行為を、市民に対する集団懲罰として非難し、国際人道法に違反し、イスラエルが、国際人権法下、その義務に違反したとさらに付け加えた。

委員会は、ガザへの違法な封鎖を終結し、2009年に国連安保理により発行された決議1860に従って、食糧、薬品、他の生命維持に欠かせないものの、定期的、かつ充分な搬入を保証するようイスラエルに要求した。

委員会はさらに、ガザ海域での漁業活動に対する制限を終結し、1994年に署名したオスロ合意に従い、パレスチナ漁師たちが、20海里まで行くことを可能とするよう、イスラエルに要求した。

委員会は、その報告の中で、国連安保理と国連総会に、国連組織体への協力と決議尊重への意固地な拒絶故、イスラエル政府に対し、経済制裁を課すことを考慮すべきと勧告した。

原文:The Palestinian Information Center


posted by mizya at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。