2011年11月07日

エジプトのヘリコプターがイスラエル領空に侵入

パイロットがネゲヴ上空を25分間飛び、無線に応じるのを拒絶;イスラエル空軍戦闘機の警告発砲の後になって手段を引っ込める

Yossi Yehoshua
2011年11月03日

日曜日、エジプトのヘリコプターが、認可なくイスラエル空域に侵入、25分間、離れるのを拒絶したと、Yedioth Ahronothは木曜日、報じた。

事件は、mi-8モデルヘリコプターがエイラート近くのイスラエル-エジプト国境を横切り、ネゲヴ上空を飛び続けた、午後5時に起こった。F-16戦闘機4機が、Nevatim空軍基地とOvda空軍基地から召集された。パイロットたちは、エジプトのパイロットと無線での接触を試みたが、役に立たなかった。

イスラエル空軍ジェットが、警告射撃を発射した後になって、パイロットはその手段を引っ込め、エジプトに戻った。

「パイロットは低速で飛んでおり、無線に応じなかった」と、空軍職員は語り、周遊の背景はまだ明らかでないが、情報収集任務や故意でないエラーを含め、可能性のすべてが調査されると付け加えた。

(略)

全文:Ynet news.com

 イスラエルはほぼ毎日、「認可なく」ガザ空域、あるいはレバノン空域に侵入している。イスラエル自身の行動を振り返るなら、他国の批判はおこがましい。エジプト空域にも「認可なく」侵入したと思える、侵入しただけでなく空爆した記事をアーカイヴで:

アーカイヴ:エジプト:イスラエルのロケットが警察官3人を殺害(08月20日)


posted by mizya at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。