2011年11月16日

エジプトがエイラート攻撃の廉でシナイ指導者を拘留

2011年11月13日

アリーシュ (Ma'an) -- エジプト当局が、日曜日午前、シナイ半島のイスラーム運動闘士指導者を拘留したと、治安当局筋はMa'anに語った。

ムハマド・アッティーヒとしても知られるムハマド・エイド・ムスレ・ハマドは、エジプトの半島での多くの攻撃と同様、8月、イスラエル国境都市エイラートに致命的攻撃を計画して告発されると、Ma'an特派員は報じた。

アッティーヒは、警察・軍隊共同行動で、シナイ北部のアリーシュ市で拘束されたと、エジプト治安当局は語った。

(略:警察署攻撃などの国内事件)

アリーシュのMa'an特派員は、エジプト当局がさらに、8月18日のイスラエル人8人を殺したエイラート近くの多くのイスラエル車輌への攻撃計画への関わりで告発したと語った。

イスラエルは、ガンマン6人を射殺したと語り、関わりを否定したガザ拠点の民衆抵抗委員会を非難した。

攻撃から数時間で、イスラエル軍は、境界越え暴力の4日間で、パレスチナ人15人を殺戮し、50人以上を負傷させることに結びく、ガザ南部を目標に反撃した。

(略)

全文:Ma'an News Agency

関連記事:「エジプトがエイラート攻撃を告発された集団のふたりを拘留」Ma'an News Agency

2011年11月14日

アリーシュ、エジプト (Ma'an) -- エジプト当局が、運動指導者を逮捕した一日後、月曜日にシナイのイスラーム闘士集団メンバー2人を拘留したと、治安当局はMa'anに語った。

治安部隊は、シナイ北部の町、アリーシュで、アブドゥル・カリーム・モハマド・アフマド、42歳、アフマド・サーレム・マフムード・アワド、33歳を拘留した。

(略)

イスラエルは、エイラートの攻撃で、ガザ拠点の民衆抵抗委員会 (PRC) を非難し、数時間の内に(つまり調査もしないで - mizya)反撃し、PRC闘士5人と2歳の子どもを殺戮した。その攻撃は、激しい境界越え暴力の4日間の口火を切り、パレスチナ人15人を殺戮、何十人もを負傷させた。

(略)

アーカイヴ:イスラエル軍はエイラート攻撃がパレスチナ人により遂行されたのではないと示す証拠を包み隠す(10月26日)


posted by mizya at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。