2011年11月17日

フランスがガザ攻撃でイスラエル使節召喚

フランス領事とその家族がガザ回廊へのミサイル攻撃で負傷し、パリがイスラエル大使を召喚する。
2011年11月16日

空爆が、ガザのフランス領事を彼の妻や娘と共に負傷させ、フランスは、外務省での会合にパリ駐在イスラエル大使を召喚した。

省報道官は、水曜日、テルアヴィヴのフランス大使が、イスラエル当局に爆撃に関する不満を述べ、パリで、イスラエル使節が、官僚に会うよう要求されたと語った。

(略)

全文:AlJazeera

 ガザ駐在フランス領事の邸宅をイスラエルが知らない筈はないから、これは、サルコジに「嘘つき」呼ばわりされたネタニアフ(サルコジばかりでなく誰だってネタニアフを「嘘つき」と思っているに違いない)の腹いせ、と、見えなくもない。殺された警察官の方が「巻き添え」だったかもしれない。


posted by mizya at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック