2011年11月18日

AFEHがママヌーラ墓地でのさらなる墓の掘り出しを記録

2011年11月17日

images_News_2011_11_17_tombs-in-mamanullah_300_0.jpg

被占領エルサレム、(PIC) -- アクサー寄金・遺産財団 (AFEH) は、被占領エルサレムの歴史的ママヌーラ墓地の掘り出しに何十人ものシオニスト仕事師が従事したと明らかにした。アメリカ・イスラエルの党派が、これら行為を隠す試みの「寛容博物館」建設計画の陰にいると強調した。

組織代表団は、水曜日朝、墓の掘り出しが再開され、差別的落書きが墓地の墓に書かれたと聞き、墓地を訪れた。

組織所長、アミル・アル-ハティブは、訪問が何よりまず、墓地に対して繰り返されるシオニストの暴力を確認し、最近再開された墓の掘り出しを暴露するためだったと語った。

AFEHは、仕事師何十人もが、いわゆる「寛容博物館」建設目的でフェンスで囲まれた墓地の南西部の墓を掘り出しているのを確認した。

(略)

全文:The Palestinian Information Center

アーカイヴ:イスラエル軍がイスラーム墓地の墓200を冒涜;ブルドーザでシェイフ負傷(2010年08月15日)


posted by mizya at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。