2011年11月19日

西岸前哨基地がパレスチナの土地に建設されたと証明する報告発表をイスラエルが引き延ばす

2011年11月13日

Derekh Ha'avot前哨基地は、2001年前半に建設され、35家族ほどの住まいだ;報告によれば、コミュニティーの60パーセントがパレスチナ農地にある。

Chaim Levinson

軍法務官 (MAG) は、西岸Derekh Ha'avot前哨基地の殆どがパレスチナ人の個人的土地にあると示す、1年前からの内部報告の発表を遅らせている。Haaretzによりそのコピーが入手された報告は、Etzion地区コミュニティの60パーセントがパレスチナ農地にあると示す。

Nativ Ha'avotとしても知られる前哨基地は、2001年初期に建設され、35家族ほどの住まいだ。2002年、パレスチナ人地主は、高等裁判所に彼らの土地の返却を訴えた。土地所有調査実施を任命された政府チームは、その仕事を完了することはなかった。

3728648097.jpg
エルサレムの南、Etzion地区のNativ Ha'avot前哨基地、2009年。
Photo by: Archive: Tess Scheflan / Jini

2008年、Peace Nowは、再び前哨基地撤退を要求し、弁護士、Michael SfardとShlomi Zachariahを通し、別の高等裁判所に訴えを提出した。訴えに対する応答で、国は、調査チームが再設立されるだろうと語った。2010年10月、Edmond Levy判事は、調査が終了していないとして訴えを退けたが、「誰も、それがいつなされるか知らない;時のみぞ知る」と書いた。

地主は、調査状況について尋ね、民事行政に繰り返し連絡した。Zachariahは、4月、MAG用地部のRoman Levittから、チームが調査結果データベース構築中で、2ヵ月以内にその仕事を完了すると思われると記す書簡を受け取った。9月、Levittは、調査作業が「最高潮」と再び書いた。

先週、Haaretzの質問に応えて、イスラエル国防軍報道事務所は、1969年に遡る土地使用再吟味を含む、問題の土地の物理的調査と - 政府地図作製機関 - イスラエル調査の入力の複雑さに言及し、チームの作業がその「最終段階」にあると述べた。

しかしながら、Haaretzにより入手の文書は、調査が2010年11月に実施されたと示す。その時以来、MAGと民事行政は、その公表を避けるさまざまな口実を使ってきた。その調査は、1969年から2007年までに撮られた航空写真7枚の比較に基づいた見解を民事行政に送った、イスラエル調査局写真判読チーフ、Malka Ofriにより行なわれた。

西岸法によれば、ひとは、連続して10年間耕作した土地区画の権利を得る。Ofriは、殆どの前哨基地がパレスチナ人所有地にあると意味する、Derekh Ha'avotが位置する1,420ドゥナム (350エーカー) の60パーセントを構成する問題の土地の耕作への顕著な変更は、25年間なかったと、書いた。

(略)

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。