2011年11月22日

容疑者の父親がシンベト高官なのでイスラエル裁判所はPeace Nowへのプライス・タグ攻撃で報道禁止令

hagit-ofran.jpg
落書き:「Hagit Ofran RIP」

更新:わたしは、Peace Now攻撃者が異なるふたりによるらしいと知った。プライス・タグ攻撃を自白した、下で記述する容疑者は、Peace Now事務所に爆破予告を電話した者だ。Hagit Ofranのアパートと彼女の隣人の車を破壊したのは、もう一人の犯人と思われる。この個人はまだ捕まっていない。以前に書かれた下記の記事を読むとき、これをこころに止めておいて欲しい。

更新 I:わたしは、この事件の容疑者の氏名を明かすことに対してのみ、報道禁止令があると考えていた。しかし、Rotter(後半の翻訳省略部分にこの右翼のフルネームが出てくる :訳注)が、このブログ・ポストにリンクするわたしの掲示を削除した後、特定の箝口令が、父親がシンベト高官と明かすことにもあるように見える。それは、国防国家が、自身のものを保護する、イスラエルの運営方法である。

イスラエルメディア(ヘブライ語)は、警察が、Peace Nowプライス・タグとHagit Ofranに対して死を脅した容疑者を逮捕したと報道している。容疑者は、Peace Now事務所への爆破予告電話と、彼女の死を望む落書きと共にOfranのアパート破壊の彼の役割を自白した。しかし家族は、容疑者の身元確定を妨げる箝口令を確実にした。彼が裁判所に出廷した時、Haaretzによれば、父親は、そこにいた記者とカメラマンたちを、彼らが何か公表したなら刑務所に入れると脅した。彼はそして、法廷からの箝口令を確実とした。

別個のイスラエル情報筋ふたつが、容疑者の母親が警官であると認め、情報筋のひとつはまた、父親がシンベト高官と認めた。これは、なぜ父親がジャーナリストに法廷で叫んだか説明する:「俺が誰か知ってるか?」そして、彼の息子のプライバシーを犯すなら、彼らは刑務所入りだろうと警告した。

シンベト係官と婦人警官の息子が、右翼テロリストとしても、誰も驚くにあたらない。というのも、警官らは、Anatotで、そこにいた平和活動家たちを袋だたきにした攻撃者の中にいたのだから。(略)

全文:Tikum Olam

アーカイヴ:警官は活動家たちを攻撃した入植者の間で確認された(10月04日)

 翻訳を省略した後半部分の一部、この容疑者の両親は、更迭される懸念がないばかりか、父親は「昇格」さえ囁かれているらしい、「リッパな息子に育て上げた」ということで。法治国家ではないな、イスラエルは。


posted by mizya at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。