2011年11月22日

レアル・マドリードの選手がガザの学校に2400ユーロ寄付

2011年11月19日

マドリッド、2011年11月19日 (WAFA) -レアル・マドリードのサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドは、ガザ回廊のパレスチナの子どもたちを支援するレアル・マドリード・チャリティー財団への彼のスポーツ・シューズ販売で寄付したと、レアル「クラシコ」ネットワークのアラブ・サイトは、土曜日に述べた。

それ(レアル「クラシコ」ネットワーク)は、公開オークションで販売し、その金をガザのパレスチナの子どもの学校を支援するため寄付する財団に、ロナウドが、スポーツ・シューズを与えたと述べた。

ネットワークは、700ユーロから始まったロナウドの靴が、最終的に2400ユーロで販売されたと述べた。

世界のベストサッカー選手2008に選ばれたロナウドは、マンチェスター・ユナイテッドで競技していた頃、パレスチナ問題とガザの子どもたちの支援と解釈された、パレスチナのヘッドカバー、クーフィーエを着けたことがあった。

原文:WAFA


posted by mizya at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。