2011年11月23日

大統領顧問:入植者らがエルサレムの家々を標的とする

2011年11月22日

エルサレム (Ma'an) -- イスラエル入植者組織が、パレスチナ人が所有するエルサレム中心の家々の多くを接収する許可を、イスラエル政府から与えられたと、大統領法律顧問は、日曜日に語った。

アフマド・ルウェイディは、イスラエル政府が、旧市街近くの多くの家々からパレスチナ人を立ち退かせる判決を実施するため、政治的に絶好のタイミングまで待ったと語った。

11月28日のスマリン一家のシルワンの家屋からの立退命令は、パレスチナの資産に対するキャンペーンの始まりであると、彼は報道声明で語った。

不在者財産と宣言され、1991年にユダヤ国民基金子会社、Himnutaに、政府により移された彼らの家は、東エルサレム地区の入口に位置し、論争の的になっているイスラエル人建設の「ダヴィデの都市」観光地に隣接している。

Himnutaの家屋強奪は、シルワンの「性格を劇的に変えるだろう」と、イスラエルのPeace Now組織の入植地監視責任者、Hagit Ofranは、Huffington Postの記事で警告した。

(略)

全文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。