2011年11月23日

西岸入植者らが元囚人宅を攻撃

イスラエル入植者何十人もが、イスラエル-パレスチナ囚人交換で最近解放された男のヘブロンの家を攻撃する。
2011年11月20日

イスラエル入植者何十人もが、最近のイスラエル-パレスチナ囚人交換での男の解放に抗議して、被占領西岸都市、ヘブロンの家を攻撃した。

土曜日、軍が、攻撃者志望の者らを家から離そうと試みて移動したとき、イスラエル兵士らは、入植者らと衝突した。

彼らは、キリヤト・アルバの入植者を殺してイスラエル刑務所に18年服役した後釈放されたハニ・ジャベルに復讐しようとしていた。

ヘブロンに隣接するユダヤ人入植地居住者らは、彼が釈放された後、ジャベルの生命に10万ドルの値を付けた。

35歳は、殺害で、終身刑2回が宣告された。

「今日、今朝から、入植者らがわたしたちを頻繁に攻撃し、彼らはこの家を指し、これは殺人者ハニ・ジャベルの家だと言っていたので、わたしたちは混乱した」と、住人、アリフ.ジャバルは語った。

「30分ばかり、入植者250人ほどがこの家を攻撃した」と、彼は語った。

イスラエル管理下にあるヘブロンの一部に、イスラエル入植者800人ほどが、パレスチナ人30,000人の間で生活している。

西岸の入植地すべて、国際法下、違法と考えられる。

原文:AlJazeera

関連記事:「イスラエル情報機関が釈放の囚人を召喚」WAFA
2011年11月21日

西岸地区、2011年11月21日 (WAFA) - 治安当局筋と家族によれば、イスラエル情報機関は、月曜日、ギラード・シャーリトとの交換取り引きで解放された、サルフィト、ジェニン、ヘブロンのパレスチナ人元囚人4人を、尋問のため呼び出した。

イスラエル軍が、西岸北部、サルフィト市を襲撃し、ラーイド・ハッサンとイマド・ファトゥーニの家屋を調べ、イスラエル情報機関への報告通知を彼らに渡したと、治安当局筋は語った。

情報筋は、イスラエル軍がまた、トルコに追放された釈放の囚人、サミ・ジュバリーンの家屋に侵入し、イスラエル情報機関に彼の兄弟を呼び出したと、付け加えた。

加えて、イスラエル軍は、ジェニンのアブドゥル・ラフマン・サラ、59歳の家屋に侵入し、2日以内に、ジェニンの西、サーレム軍キャンプのイスラエル情報機関への報告通知を受け取るだろうと彼に警告する前、2時間にわたり彼に尋問した。

ヘブロンで、イスラエル軍は、キリヤト・アルバ入植地の入植者殺害で有罪判決を受けた釈放の囚人、ハニ・ジャベルを、イスラエル情報機関に報告するよう、彼の家族に通告を渡し、召喚した。

キリヤト.アルバ近くに住むジャベルの家族は、報復を求める入植者らにより標的となってきた。彼の家族に対する攻撃は、過去数日、入植者らが石を投げ、家屋への損傷をもたらして拡大した。


posted by mizya at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。