2011年11月28日

イスラエル兵士らが囚人の寒さ対策を妨げる

2011年11月24日

ジェニン、2011年11月24日 (WAFA) - 目撃者によれば、イスラエル軍は、木曜日、アンナカブ(ネゲヴ)刑務所の、やってくる寒さに備えてテントを修理する囚人たちに、銃口を向け妨げた。

囚人は、イスラエル兵士らが、銃口を突きつけ、警戒態勢を宣言すると刑務所内の囚人たちを刺激し、彼らがテントの修復を続けるなら彼らを撃つと脅したと、語った。

アンナカブ囚人たち家族は、人道組織すべてに、彼らのために立ち上がり、イスラエルに、新しいテントの設置を許すよう、圧力をかけるよう求めた。ことさら、寒い気候と毛布の不足のため、冬の恐ろしい条件を彼らは被る。

原文:WAFA

 砂漠にテントを張った刑務所は、あまり言及されることはないけれど、国際法に反するに違いない。夏の暑さ、冬の寒さばかりでない。さそり、蛇、ネズミさえ出没する。

アーカイヴ:猫は違法:潜在的テロの脅威(2009年11月23日)


posted by mizya at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。