2011年11月29日

イスラエルが自然発生エネルギーのためのパレスチナのイニシアティヴをくじく企て

2011年11月27日

ラマッラ、2011年11月27日 (WAFA) - 電力発生のための太陽電池構築のイスラエル当局から許可を獲得する西岸のパレスチナ人の要請へのイスラエルの決定は、自然発生電力と、電力のイスラエルへの依存を止めるパレスチナ努力の妨害を目論むと、日曜日、官僚は語った。

パレスチナエネルギー・環境調査センター (PEC) 総裁、アイマン・イスマイルは、エネルギー・環境調査センターが、内閣に、太陽電池利用により電力を生み出す、150メガワット (MW) 容量の太陽電池が屋上に設置され、住宅1000棟が利益を得るだろ、2012年から始まる3年のイニシアティヴを提出したと、WAFAに語った。

イニシアティヴ提出の6日後、イスラエルは、2008年に制定され、西岸の入植地のみに課された先立つ法律に従い、パレスチナが、命じられたスペース500平米にソーラーパネルを設置し、光電子装置を使用して電力を発生し、電気会社にリンクするのを彼らに許す、特別許可を得ることを要求した。

(略)

全文:WAFA

 西岸・ガザのパレスチナ人の生活を困窮させるため、思惑次第で、頻繁に送電を止めるくせに、いざ、パレスチナ人が太陽光利用の電力を生産しようとすると妨害する。パレスチナに充分な電力が行き渡ると、入植地やイスラエル企業と競合する産業で競争力を失うことを恐れ、電力の支配を失うまいと必死なのだ。似ていない? 東京電力に。群馬のアトリエで過ごしているとき「計画停電」は寒かった、ガスファンヒータもファンを回転させるのに電力を使うから。パレスチナ人の痛みを存分に経験したとまではいえないけれど... 12月10日、日比谷公園で


posted by mizya at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。