2011年11月30日

活動家たちが「アパルトヘイトに盲目」と世界保健機構非難

Adam Horowitz
2011年11月28日

WHO5.jpg
イスラエルの活動家たちが、エルサレムでのWHO会議出席者に立ちはだかる。 (Photo: Boycott from Within)

パレスチナ主導のイスラエルに対する不買・脱資・制裁キャンペーンを支持するイスラエル市民連合、「内部からのボイコット」のプレス・リリース:

今朝、パレスチナ・イスラエル活動家たちの集団は、WHO(世界保健機構)が、第1回「健康 2020 - 健康のための新ヨーロッパ政策」会議を開催したインバル・ホテル前で抗議行動を持った。

会議参加者たちは、パレスチナ人拘束者として拘束され猿ぐつわされた活動家たちと出会った。イスラエルの医師らは、人権医師団イスラエル (PHR) とイスラエルの拷問に反対する一般大衆委員会 (PCATI) により、最近報告されたように、しばしば、そうした拘束者の拷問や虐待に共謀する。

活動家たちは、会議の代表たちに、イスラエルのアパルトヘイト政策、PHRとPCATIの報告に関する情報、イヴェントに先立ってWHO組織者たちに送られた書簡についての基本的事実を彼らに警告する情報キットを渡した。

(略)

進行中の人権侵害と国際法違反のイスラエルに報いるWHO会議は、イヴェントへの世界的強い反対にも拘らず、イスラエル政府との緊密な協力で計画されてきた。この反対は、健康・栄養集団 (HNC) 、国連機関、同様に、ノルウェー最大の労働組合からの書簡を含む。

(略)

代表の多くは、アクションに関心を示し、質問し、イスラエルの系統的人権侵害についての彼らの懸念を共有した。

全文:Mondoweiss


posted by mizya at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。