2011年12月01日

ヴィデオ:フランスBDS活動家たちがカルフールで膨大な量のイスラエル産品棚下し

アリ・アブニマ
2011年11月29日火曜日


MrMoragues

活動家たちは、11月26日、フランス南部、モンペリエの抗議行動で、膨大な量のイスラエルのアボカドやオレンジを棚から下ろした。

1時間半以上、Comité BDSFrance34 - フランスHérault地区の集団 - の活動家たちは、カルフール大型店の棚から産品を取り除き、「ボイコット・イスラエル」、「イスラエルは犯罪者、カルフールは共犯者」、また他のパレスチナ連帯スローガンを叫びながら、通路を通って行進した。

抗議ヴィデオは、マネジャーとの会見を要求する抗議者たちのコントロールを、店舗警備員が試みる一方、行動への支持を表明する多くの買物客を示す。

行動は、もうひとつの主要イスラエル産品輸出業者、 Carmel-Agrexcoが破産を宣言して以来、不買・脱資・制裁 (BDS) 活動家たちの標的となった、イスラエル産品輸入会社、Mehadrinに対して抗議するヨーロッパ・デーの部分だった。

モンペリエの行動は、最近の短いドキュメンタリーが示すように、彼らの活動のため告発に直面する、フランス活動家たちによるますます果敢な抗議の最新である。

原文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック