2011年12月03日

バッシム・タミミ裁判での目撃者たち:ぼくたちは尋問者らにより、彼に罪を負わせるよう指図された

2011年11月29日

15歳のモアタッシム・タミミと20歳のウダイ・タミミは、彼らが睡眠を奪われ、尋問の前に、言うことを指示されたと法廷で語った。ナビ・サレ抗議組織者、バッシム・タミミは、8か月以上刑務所にいた。

ナビ・サレの西岸抗議組織者、バッシム・タミミの公判が、検察側の主な証人 - 14歳のイスラーム・ダルアッユーブが、彼の証言が監禁下で与えられたと主張して、昨日証言した後、今日、オフェル軍事法廷で再開された。

今日、最初に立ったのは、木曜日の逮捕に続き、囚人服で連れてこられたナビ・サレの15歳、モアタッシム・タミミだった。軍検察官に、デモンストレーション組織者に関し、尋問で彼が言ったことを尋ねられて、彼は、「ぼくは殴られて『彼に罪を負わせるよう』告げられ、同様、写真を見せられた」と語った。少年はその後、「彼らはぼくに、彼に罪を負わせるよう強い、『それはバッシムと言え』とぼくに言った」と、法廷で証言した。

ヴィデオに記録された15歳の尋問は、少年に命じる尋問者がいる:「何が起こったか言え(...)村の誰がお前に石を投げるようそそのかした。(...)(叫び声)お前はそそのかされた! お前は... お前は幼い少年だ、ひとにそそのかされる。大人たちだ、俺たちは知ってる。お前をそそのかしたのは大人たちだ、そうだろう?」 尋問者はまた、「俺たちはお前をからかっているのじゃない。俺たちはお前がいい子で、大人たちにそそのかされたと知ってる。だからお前は何でも俺たちに言わなければならない。後で、俺はお前が従ったと士官に言い、彼らは決めるだろう。分ったな?」とも言うのが見られる。同様の場面が、記録を通して繰り返される。

(略:長い、ここまでで1/5ほど)

全文:Popular Struggle Coordination Committee

アーカイヴ:子どもたちがイスラエル軍に起こされる(04月13日)

     :イスラエル裁判所が子どもの投獄延長(02月07日)

 ニッポンの冤罪事件の作り方と酷似している。如何に占領勢力とはいえ、このようなことが、被占領のパレスチナ人に対して行われることは許されない。悪名高いイスラエルといえども、イスラエル国内での犯罪捜査にこの手法を採用しているわけではない。ところがニッポン警察・検察は、この手法を自国民に採用している。ニッポン警察・検察は、イスラエルよりたちが悪い。


posted by mizya at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。