2011年12月04日

UNRWAが難民事情への新たな国際的手当を要請

2011年11月28日

ヨルダン、2011年11月28日 (WAFA) - UNRWAの総局長、フィリッポ・グランディは、国際社会に、パレスチナ難民ための支援を更新し強めるよう要求した;ことさら、難民人口の実際的で、ますます重要な部分を形成する若者のため、と、月曜日、パレスチナ問題に関する国連情報機構 (UNISPAL) によるプレス・リリースで述べた。

諮問委員会の会議開会で話して、機関を率いるグランディは、地域を通し、人権、基本的自由、改善された生活環境の増大する要請があるとき、国際社会は、難民との協議で、国連決議と一致する正当で永続する解決を見つけるその努力を倍加しなければならないと言及した。「アラブの春」の背景に対するUNRWAの仕事を打ち立てるスピーチで、グランディは、代表たちに、持続的UNRWAの関連、人間性進展と難民への人道支援の使命を心に留めるよう主張した。

UNRWAは、教育、健康、小経済、社会的セーフティーネット支援で、パレスチナ難民に主要業務を直接提供する国連唯一の機関だ。グランディは、特に、被占領パレスチナ領域、ガザと東エルサレムを含む西岸の、占領下に住むパレスチナ難民の多くが直面する差し迫る状況に、注意を喚起した。

彼は、「東エルサレム周辺部を含むパレスチナの土地に情け容赦なく」拡張するイスラエル入植地問題を強調した。(略)

全文:WAFA

 UNRWAの縮小を求める声が、しばしば米国からあがる。誰かの土地を別の誰かに手渡す権利が国連にあったかどうか疑わしいが、その国連のパレスチナ分割決議を根拠にイスラエルが独立宣言し、パレスチ難民を発生させたのだから、国連はその責任を担わなければならない。パレスチナ難民の帰還権を認める国連決議194号を拒絶しているのはイスラエルだ。パレスチナ難民の帰還を実現させるなら、UNRWAは自ずとその役割を終えるだろう。


posted by mizya at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。