2011年12月12日

アラブ・タウンの「やかましい」祈祷がユダヤ人隣人悩ます

2011年12月09日

Rosh Ha'ayin市長と居住者は、政府に、ムエズィン(祈祷時報)のボリュームを引き下げるよう望む。

Gili Cohen and Jonathan Lis

Rosh Ha'ayinの市長とその選挙民らは、音が彼らの生活の質を損なう障害と反対し、近くのカフル・カセムから発するムスリムのムエズィン祈祷呼びかけに反対の態度をとっている。Rosh Ha'ayin市長、Moshe Sinaiは、政府に頼り、環境保護省中央部ディレクター、Gideon Mazorが、騒音公害法の執行行動を取るよう要求した。

(略)

1076716846.jpg
全景にRosh Ha'ayin、地平線にカフル・カセム
Photo by: Nir Keidar

全文:Haaretz.com

 ホテル近くにモスクがあって、ムエズィンが流れると「アラブの国にいるのだった」と思う。一日か二日、ムエズィンで目覚めることはあっても、三日目ともなると、ムスリムでないわたしは(起きて祈るわけでもないので)もう目覚めない。近くにモスクがあるホテルに滞在したことはそう多くないけれど。アトリエのある北関東の地方都市では正午にサイレンが鳴る。「ああ、12時だ」と思う。そんなものだ。ムエズィンが気に障るとすれば、それはユダヤ人シオニストの「憎悪」という精神病。
posted by mizya at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック