2011年12月13日

ネタニアフがモスクでの拡声器を禁止する法支持

2011年12月12日

「ヨーロッパより寛大である必要はない」と、祈祷呼びかけでの拡声器を禁止する動きの首相発言。
Barak Ravid

ベンヤミン・ネタニアフ首相は、日曜日、人びとに祈祷を呼びかけるための拡声装置使用を、モスクに禁止する法律支持を表明した。

(略)

4266059859.jpg
マアレ・アドゥミン入植地隣、カフル・アザリヤのモスク。
Photo by: Emil Salman

「ヨーロッパより寛大である必要はない」と、ネタニアフは、リクード大臣会議で、法律に関して語った。

法案を激しく批判したリクード大臣、Limor Livnat、ダン・メリドール、Michael Eitanからの激しい圧力の後、ネタニアフは、立法大臣委員会で予定された討論を延期すると発表した。

(略:長い)

全文:Haaretz.com

アーカイヴ:アラブ・タウンの「やかましい」祈祷がユダヤ人隣人悩ます(12月12日)


posted by mizya at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック