2011年12月13日

イスラエルが「妻の遺体とガザを出る80歳を止める」

2011年12月11日日曜日

ヘブロン (Ma'an) -- 老いた癌患者は、亡くなった妻の遺体を伴って、ガザからイスラエルのエレツ検問所を通るのを禁じられたと、家族は、日曜日、語った。

ヘブロンのフッダ・アンヌムーラは、ガザ回廊の息子を訪問している間亡くなった。アニースとアクラム・アンヌムーラは、ハマースとの10月の交換取り引きで、イスラエル刑務所から解放された後、西岸から追放された。

フッダの夫、マフムード・ターレブ・アンヌムーラは、妻の遺体を引き取りにガザに行ったが、イスラエル当局は、封鎖の回廊から、イスラエル国境唯一の旅行者ターミナル経由で、遺体と共に発つ彼を妨げたと、家族は語った。

80歳は、安全上の脅威と看做され、ラファ検問所を通ってエジプトへ、西岸に渡るため、次いでヨルダンに空路か海路の輸送便を使い、ヘブロンに戻るよう命じられた。

フッダ・アンヌムーラが、月曜日正午に、ヘブロンの南、ドゥラ町に埋葬される前に、癌患者が、3ヵ国の旅行を完遂できるかどうか確かでないと、近親者は語った。

原文:Ma'an News Agency


posted by mizya at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック