2011年12月14日

ヴィデオと証言:ムスタファ・タミミの葬儀でのイスラエル兵士の蛮行

リナ・アッサーフィン
2011年12月13日火曜日


thameenahusary

序論として、わたしは次のリンクを読むことを勧める:「イスラエル兵士が暴力をエスカレートさせる中でのムスタファ・タミミ哀悼」と「殺害されたムスタファ・タミミの葬儀はイスラエル占領軍兵士の更なる暴力と蛮行におわる」。

(略)

以下は、わたしにより集められ編集されたわたしたちの証言だ。

わたし:
兵士らは、わたしたちが前進するのを見ながら、彼らの場所にいた。彼らは催涙ガスを発砲しなかった;彼らの存在自体、十分な挑発だった。わたしたちは彼らの前に立ち、わたしたちの手でムスタファ・タミミのポスターを持ち上げ向かい合わせて、兵士らそれぞれに、叫び始めた。

わたしたちの悲嘆は激怒に流れた。

「君たちのどの人がムスタファを殺したの?」

「君たちのどの人がやったの?」

「君たちのどの人が、彼の姉妹の目を見る勇気がある? 彼を見るのを避けた君?」

「君たちのどの人が彼を殺害したの?」


@_Watan:
その問いは、その日100万回尋ねられ、膨大な催涙ガス、音爆弾、肉体的暴力で応じられた。彼らはその問いを恐れ、彼らが殺した人の目を見るのを怖がり、わたしたちはもはや、沈黙するつもりはなかった。

(略:長い、センテンスが短いので原文で)

全文:The Electronic Intifada


posted by mizya at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | video | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。