2011年12月14日

公職:イスラエル当局が農夫に土地耕作停止命令

2011年12月13日

サルフィト (Ma'an) -- イスラエル当局が、月曜日、それが「イスラエル政府の公共財産」と考えられるとして、パレスチナ農夫5人に彼らの土地の耕作を禁止する命令を手渡したと、地元公職は語った。

サルフィトに近いカラワト・バニ・ハッサン村の村長は、パレスチナ自治政府に、イスラエル政府、入植者、両方による、村の土地に対する攻撃を終了するよう求めた。

ユーシフ・サイード・ミリ、ナディル・ムスタファ・ミリ、サビール・ムスタファ・ミリ、ハディル・イスマール・ミリ、サミ・イブラヒーム・アシはすべて、彼らがその土地を所有すると証明する証拠書類と権利証書を所有すると、市長は付け加えた。

(略)

全文:Ma'an News Agency

 占領者と被占領者、このような状況でパレスチナ自治政府にできることは何もないだろう。国際社会がイスラエルの傍若無人を押さえられないか、押さえるつもりがないなら、即刻、パレスチナを国家と認めなければならない。国際社会が、各国政府の集合体とするなら、指をくわえて見ているだけだろう。時々思い出したようにこ言葉だけでイスラエルの非難を表明する、まあ、アリバイ工作だ。国際社会がわたしたち市民の集合体なら、イスラエルの弾圧手法は、世界の支配者に模倣され、わたしたち市民に押し寄せる。


posted by mizya at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。