2011年12月15日

B'Tselem:過激派ユダヤ人は犯罪者と扱われるべき

2011年12月14日

テルアヴィヴ、2011年12月14日 (WAFA) - 被占領地における人権のためのイスラエル情報センター、B'Tselemは、被占領地のイスラエル市民による暴力現象は、刑事司法制度により扱われなければならないと、水曜日にセンターのウェブサイト上で発表したプレス・リリースで述べた。

イスラエル政府が、極右イスラエル活動家らをテロ組織と宣言することを考慮しているというメディア報道への応答で、B'Tselemは、これは被占領地のイスラエル市民による暴力現象に対処する誤った手法と、リリースで述べた。

「わたしたちがこの数日目撃してきた軍に向けた暴力は、パレスチナ人とその資産を傷つける入植者らに向けた緩い法執行の、イスラエルの長年の政策の結果である」と付け加えた。

この政策は、すべての段階、パレスチナ人とその資産を傷つけることから入植者らを妨げない現場の兵士らに始まり、そのような事件を適切に調査しないイスラエル警察に引き継がれることに明確に現れていると、リリースは述べた。

厳格な手段が取られる前に、兵士らは、それらが起こったなら、攻撃を妨げるため介入し、犯人を拘束し、彼らの証言を警察に与えるべきで;Shai警察庁調査官は、パレスチナ人が告訴する場合、基礎的調査活動を行なうべきであると、それ(リリース)は述べた。

原文:WAFA

 イスラエル政府がどのあたりをさすのか、少なくてもネタニアフは、Haaretzによれば、「右翼活動家らはテロリストでない」と言明している。入植者らによるイスラエル軍キャンプへの攻撃が最近頻発しているが、とてもイスラエル人同士のいざこざまでは(記事掲載の)手が回らない。


posted by mizya at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。