2011年12月16日

ユダヤ人投石者はより多く対等

2011年12月14日

パレスチナ人がイスラエル軍事基地に侵入し、車輌を破壊し、タイヤを燃やし、旅団長に石を投げ、副官を負傷させたなら、何が起こるか想像するのは簡単だ。

Aeyal Gross

パレスチナ人がイスラエル軍事基地に侵入し、車輌を破壊し、タイヤを燃やし、旅団長に石を投げ、副官を負傷させたなら、何が起こるか想像するのは簡単だ。彼らの多くが、死で、負傷で、逮捕で終っていただろう。しかし、今週の事件の犯人は、パレスチナ人ではなくユダヤ人で、彼らは兵士らとパレスチナ人両方に石を投げた。

金曜日にナビ・サレのデモンストレーションで、催涙ガスキャニスターが頭部に命中して死んだムスタファ・タミミの殺戮で言われた説明は、若いパレスチナの男が、イスラエル国防軍装甲ジープに石を投げたというものだった。それが真実だったとして、各事件での投石者たちへの応答で、人はその不均衡を無視できない。唯一の違いは、ひとつの事件ではアラブ人であり、もうひとつの事件ではユダヤ人だったことだ。

イスラエル国防軍からの反撃の発砲を招くことなしに、イスラエル兵士らとパレスチナ人に、入植者らが石を投げる増加する発生は、発砲が、石を投げるパレスチナ人への正当な応答との主張の偽善を証明する。そしてタミミは、軍事基地に侵入していなかった;彼は、侵入し取り上げようとあがく入植者らから、村を護ろうと試みていた。

ふたつの事件の近さは、比較を招くが、応答の不均衡は、長らく明白だった。デモンストレーションするパレスチナ人は武力に遭遇し - 時々致命的に - 逮捕される。(被占領)領域のユダヤ人は、パレスチナ人や軍に対し、暴動を起こし暴力を使用してさえ、軍と司法制度の両方により免除に等しいものを通常与えらる。

応答の不均衡は、同じ領域に住むふたつの住民の事実、各住民が異なる法体系の下にあり、軍により別に扱われる、より広い問題の徴である。イスラエルは、国民帰属意識に基づいて識別する政権を作ることで、入植地と入植者に関する法律を課すことにおいて選択的だ。時々イスラエルの法律は、西岸に住んでいるが、イスラエル市民でないユダヤ人に適用さえする。

国際法が、占領勢力にその住民を占領地に入植することを禁止するには、理由がある。そのような実行の結果のひとつは、占領勢力が、被占領住民に与えるより、自身の国民により広い権利を与えることで、領域の事実上の併合である。それが、西岸で展開してきたシナリオである。

現在の状況下で、ひとつの住民とその軍隊が、もうひとつの住民に対し、支配し暴力使用が許される場合、時々、暴力がイスラエル国防軍にも向けられることは驚くべきことでない。

全文:Haaretz.com


posted by mizya at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。